【ブルーピリオド】6巻の感想。受験を乗り越えた八虎は。

ブルーピリオド 6巻の感想です!

表紙は森先輩

集中したときの鬼気迫る感じは一番な気がする。

5巻の感想はこっち↓

まずは前回の振り返りから!!

5巻の振り返り 3POINT

  • 八虎含め予備校の3人が藝大1次試験突破
  • 龍二の家庭事情と逃避行
  • 八虎が二次試験直前で眩暈に襲われる

というわけで、

以下、6巻の感想です!

スポンサーリンク

6巻の感想

二次試験に立ち向かう八虎

5巻ラストで眩暈に襲われていた八虎。

桑名さんがバッと現れて、

荷物を担いで運んでくれた姿には思わず

惚れてまうやろ!!と叫びたくなったねw

桑名さんが来る前、世田介君も声をかけてくれてたけど、

八虎が森先輩と見間違えるというシーンもあったね。

うーん、確かに似てなくもないけど。

見間違えるほど八虎がヤバかったということなのか、

何か伏線があるのか・・・。

どうかブラックな話に

繋がりませんように!

体調が優れないとはいえ、

避けられない二次試験の内容はヌードデッサン

八虎もびっくりしてたけど、

受験の試験としてヌードデッサンはビビるかもw

ありのままを描け!

1日目は体調が悪く進捗が良くなかった八虎は、

冷えピタと眼鏡で2日目、3日目に臨んでいたね!

試行錯誤しながら取り組む八虎だけど、

ほかの受験生ってもう最初に描く内容全部決めて、

あとはひたすら作業って感じなのかな。

ピンとこずに黙々と作業を続ける八虎が、

ふと森先輩の言葉を思い出して、

ガーっと書き上げるのは熱かった!!

いつか八虎が森先輩に

お礼に行ったりするのかな?

いざ藝大の合格発表!

合格発表は、

学校へ張り出しを観にいく八虎。

ネット化が進んでいるけど、この文化は残ってほしいよね。

途中出会った桑名さんは落ち、

八虎は受かるという結果に!!!

どちらにせよ、同じ結果だろうと

思ってたのでこれは意外な結果でした。

藝大に受かったものの、

現実味がまだないのか若干青ざめてる八虎w

真面目に勉強してきたわけだけど、

現役合格が難しいことも分かってたわけだし、

そりゃそんな反応にもなるか。。。

世田介くんも受かったみたいだけど、

橋田は駄目だったみたいね。

森先輩と会えない八虎

受験を終えて学校に挨拶しに来た八虎。

なぜかまた森先輩とすれ違うのはなぜなのw

バトル漫画じゃないんだし、

そんなに二人を離すのはなぜなの作者さん!!!

なにか大きな再会イベントがあると期待しておこうかw


以上、6巻の感想でした!

ところで桜庭ちゃん、3浪目だったとわ。

もう受験はしないみたいだけど、これが現実ってことよね。。。

次回からさっそく大学編かな?

タイトルとURLをコピーしました