ラノベ読む時間ない人は電子書籍を要検討!

【豚のレバーは加熱しろ】5巻の感想。深世界にて懐かしい人たちが登場!

【豚のレバーは加熱しろ】5巻の感想。深世界にて懐かしい人たちが登場!

4巻では、
魂だけの状態になっていたことが分かったロリポ。

豚の体を取り戻すため。

そして、暗躍の魔術師を無効化するために、
死の世界に近いとされる深世界へと向かうといった内容でしたね。

以下、5巻の内容に触れますので、
ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

5巻の感想

深世界にて出会う懐かしの人たち

結局、深世界ってなんぞ?

っという疑問は残りましたが、
不思議世界ということで、懐かしの人たちが登場。

・イーヴィス

・ホーティス

3巻の感想でも書いたけど、
ホーティスのキャラがマジでもったいないw

さすがに生き返るという展開は無かったものの、
こういうやり方が有りとなると、
またの登場を期待してしまう!

既に故人となっている人の再登場で、
一番ドキッとしたのは、ブレースの登場。

台詞こそなかったものの、
まさかまた登場してくれるとは!

ノットは今度こそ前を向く?

ロリポがいろんな人たちと再会を果たすなか、
ノットもかつての想い人であり、
イェスマでもあるイースと再会。

俺はここに残る!
とお決まり台詞を吐いたのもつかの間、
その後帰ることを決めたノット君。

キス、したんですよね?

なんで灰が口まわりだけ薄かったんですか?

ねぇ、ノット君…!?

さて、この世界でのキスは、
カウントしていいものなのか悩ましいですねえ(笑)

ロリポは体を取り戻す

幸か不幸か、
豚の体を取り戻したロリポ。

魂だけになったのは、
人間の体を取り戻すフラグだとばかり思ってたんだけど、
そんなことなかったんだぜ(笑)

ジェスとの会話でも、
人間の体を手に入れたらいろんなことできる
てきな意味深発言していたので、
制限付きとかで人間に戻る展開を期待してたんだよね。

ジェスに甘やかされ過ぎて、
豚の体を受け入れている節あるけど、
最終的には人間に戻れたらいいねえ。

次の展開

暗躍の魔術師との戦い
もこれで本当におしまいかな。

王都の成り立ちというか、
ヴァティスとルタの話から、
イェスマの起源にも触れたわけなので、
これ以上過去回想もなさそうかな?

イェスマの始まりが

結局クソな話なんだよなぁ。。。

このあと、
ジェスとロリポのキャッキャウフフな展開が始まる!!!
…というわけにもいかないようで、
さっそく新しい動きが。

・現実世界が深世界と混ざろうとしている?

・ブレースが人間世界に行ってしまった?

結局原因は一つで、
世界が揺らいでいるってことなのかなあ?

ロリポたちの世界 → ジェスたちの世界
と、一方向への干渉だけではなかったということか。

ジェス、とんでもないことをしてしまったのでは…。

(ジェスの力だけかは悩ましいが)

6巻からは、
これまでとは全く別の話になっていきそうで、

今後も豚レバを楽しんでいけそうだ!


以上、5巻の感想でした!