ラノベ読む時間ない人は電子書籍を要検討!

【たんもし】6巻の感想。新章と思いきや過去回!初代探偵と君塚の過去。

探偵はもう、死んでいる。 6巻の感想です!

【たんもし】6巻の感想。新章と思いきや過去回!初代探偵と君塚の過去。

アニメも終わり、ひと段落したたんもし

待ってましたよ6巻!

5巻のラストを迎え、
いよいよ新しい物語が始まっていくのだと
誰もが思ったはずなんだけど、
ガッツリ過去回だったんだぜ…。

ちょっとお預けくらった感じだ!

まあシエスタが表紙を飾ってる時点で、

過去回が来るのは分かってたけど、

予想以上のボリュームでございましたw

では、以下で内容に触れていきますので

ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

君塚がシエスタと出会う前のお話

厳密には、

シエスタと飛行機で出会う前の話。

シエスタと出会ってから、

現在の時間軸までの過去回はたくさんあったけど、

その前って意外と無かったのよね。

シエスタと出会う前は、

ダニーという男の助手的な役割を担っていたことが判明。

どこまでいっても助手なのかw

また後でも書くけれど、

ダニーが関わっていなかったら、

シエスタに会ってなかったかもしれないと考えると、

重要な役割を担っていたわけだね!

月華さんは仮面をかぶっている

変装でシエスタは月華と名乗り、

君彦には素顔を見せずに接触していたわけだけど、

ほんと何でもありだねw

探偵らしいといえば、そうなのかもだけどさ!

いつもの君彦とのお茶らけたやり取りとは、

またちょっと違って新鮮でしたわ。

そもそも今回の話、

シエスタ視点で進行してたので、

シエスタの心情の変化が見えたのは良かったね!

ラストのシエスタなんか君彦意識しすぎではw

世界の謎は深まるばかり

今回登場し、

今後も重要となる人物であろうアイスドール

シエスタたち《調律者》の上司?ともいえる政府の人間ですね。

そもそもこの人たちの目的は?というのが謎。

今回のダニーの一件で、

単純に 《調律者》をまとめているわけではないことが分かったわけです。

虚空歴録(アカシックレコード)という新ワードも出てきたりと、

物語がどの方向に進んでいくのか気になる!!!

というか、探偵物として読み始めたので、

これまでSPESやら種子やらなんのこっちゃという感じだったので、

正直やっとそれっぽくなってきた!って感じなんだよねw

話広げすぎるのも、

あれだけど今のところ楽しみ!

6巻の感想まとめ!

というわけで、面白くはあったんだけど

物語的には進まない巻だったので、

実質5.5巻みたいな感じだったかな。

君彦の「理不尽」という口癖のルーツが出たり、

風靡さんとの出会いの場面があったりと、

個人的にはそういう裏側が知れて満足!!

そういえば、
ミーアちゃんが本当にちらっと出たけど、
なんで出てきたの?と思うくらい、今回関係なかったねw

情報としては、ミーアちゃんが君彦と出会う前から、

君彦のことを認識していたというくらいかな?

今回の巻で、

シエスタが君彦を意識しまくりなことが分かったので、

これまでの既刊を読み返すと、

必死でポーカーフェイスしてたのか?と

また別の視点で楽しめそうだ(ゲス顔


以上、6巻の感想でした!

次巻は初夏くらいかなあ?

楽しみに待ちましょう!