【ひげひろ】特典小説3巻の感想!三島ちゃん回。人知れず乙女心を射抜く吉田。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

アニメ特典小説3巻の感想です!

三島ちゃん回きたよ!

物語の構成は、
前回の後藤さんのときと似ていて、
吉田に出会う前の過去回想から、
吉田に会ってからのやり取り
がメイン。

原作では吉田を映画に誘う場面があり、
三島ちゃんの映画好きが窺えましたが、
実際かなりの映画好きだったんだね。

映画評論をしたいわけではなく、
あくまで映画の感想を言い合いたいといった映画好き。

そのせいで、
大学では周りの映画論とは合わないことがあり、
周りに合わせる“という技を身に付けてしまったみたい。

社会人になってからも、
なんとなくで周りに合わせながら過ごしていた三島ちゃん。

吉田が上司になって、
苦手な仕事(プログラミング)を早々に諦めさせるのではなく、
ちゃんと問題に向き合わせられることが、
三島ちゃんにとって嬉しかったみたい!

部下の能力の見極めって難しいですよね。。。

使えねえな!って思われて、
簡単な仕事を任せられるのは論外として、
本人のためを思って適性を探りつつ、
別の仕事を振るって結構あるあるだと思うんですよ。

もうちょっと頑張ってほしいから続けてほしい!と思っても、
もしかしたら本人のやる気をそぐ可能性もあるしね。。。

吉田がちゃんと向き合ってくれたことで、
嬉しくなった三島ちゃんは、
どこまで出来ないキャラを演じたらこの人は見限るのだろうと
いたずら心を持ちながら、
吉田の後輩になることを決意したというのが、
三島ちゃんのキャラクターを作った理由だった!

まとめると、
前回の後藤さん回と同様で、
知らず知らずのうちに吉田が乙女心を射抜いていた
という話でしたw

今思うと、沙優がダークホース過ぎたねw

(まさか女子高生に奪われるとは思っていなかったでしょう)

あっという間で、次回でラストですね!

次回はあさみちゃん回です!
原作後の話か、
あさみちゃん自身の家絡みの話かな?

その他の巻の感想はコチラ

1巻の感想

2巻の感想

4巻の感想

タイトルとURLをコピーしました