【ロシデレ】時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 1巻の感想!アーリャちゃんが可愛い!

角川スニーカー文庫

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」1巻の感想です!

アーリャちゃんが可愛い1巻でした!

スポンサーリンク

どんな作品?

表紙の女の子アーリャが、主人公政近に、
ボソッとロシア語でデレる作品です!!

まさにタイトル通りですネ(笑)

著者は「燦々SUN」さん。

元々この作品は『小説家になろう』にて執筆されていたものが、

大幅に加筆修正されたものだそうです。

(なろう側は読んでいないので、比較ができず申し訳ない…。)

イラストを描いたのは「ももこ」さん。

個人的に好きなイラストレーターの方だったのでそれもプラス要素でした!

略称は「ろしでれ」でしたが、

ツイッターのトレンドにひらがな4文字は乗らないそうで、「ロシデレ」に変わりました。

アーリャちゃんはロシア語でデレる

アーリャがロシア語でデレるというか、

素直な言葉が漏れる理由は周りの人が
ロシア語が分からないと思っているからでしたね。

理解しているのは家族と、政近のみで、

アーリャは政近がロシア語を理解していること
を知らないというなんという自爆行為。。。

外向きはツンツンしている孤高のお嬢様という感じだけど、

ロシア語で漏れる内心はとても女の子ですね!

政近が初めからロシア語を理解していたと知ったときが楽しみですね!!

有希ちゃんキャラ濃くない?

挿絵で初めて見たときと初登場したときはアーリャと対となるお嬢様キャラで、

政近とのラブコメもあるんだろうなあと思っていたのに、

ちょうど1巻が半分過ぎたくらいに本性、というか素顔が発覚。

キャラ変わりすぎて、誰ですか?状態(笑)

オタ活を隠しているということで、家絡みのしがらみの話も今後あるかもしれないですね。

政近くんのキャラクターの不安定さ

アーリャちゃんは可愛いし、有希ちゃんの本性も面白かったのですが、

政近くんについてはちょっとうーんという感じで個人的にマイナスポイントでした。

最初はぐーたらでソシャゲのキャラに夢中になって、

アーリャちゃんのことなんて後回しという感じだったのが、

終盤では俺が助けてやるよみたいな強キャラ風になったのには、

ちょーっとだけついていけませんでした。。。

アーリャちゃんの過去回想で、

文化祭で実は裏で支える行動していたんだよとかは良かったんですが、

最後のがらっと雰囲気変わったところだけなんだかなあと思ってしまいました。。。

と、個人的に微妙に感じたものの、実はこっちの性格が本当なのかなあとも思ったり。

というのも元々は周防家の厳しい家柄で育ったみたいだし、そう考えれば受け入れられるかなあ。

政近の過去回想に現れる女の子

政近のことをマサ―チカと呼んでいた女の子の正体はまだわかっていません。

順当にいけばアーリャちゃんが候補筆頭ですが、今後新たなライバルとして登場するかもですね。

初恋相手としてライバルキャラとしては強そう(笑)

最後のロシア語

最後の挿絵でアーリャちゃんが言ったセリフ、皆さん分かりましたか?

私はわかりませんでした!ロシア語なんてわからないよ!

知らないままじゃ気が収まらず、調べてみたところ、

英語で言う「I Love You」とのことらしいです!
つまり、愛している、と。

政近がロシア語分かってるって知ったら、

恥ずかしさのあまりアーリャちゃん爆発しない?(笑)


以上、ロシデレの感想記事でした!

今回は、発売直後予想以上の売れ行きで書店からすぐになくなってしまい、

重版待ちだった人もいると思いますので、次は予約をお忘れなく!!

特に特典はすぐなくなってしまったので、

次回はよくチェックしていきましょう!!

2巻の感想はコチラ!

公式特設サイト

タイトルとURLをコピーしました