【お隣の天使様】2巻感想!進展する二人の仲。1巻で見せた真昼の涙の理由は。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

2巻の感想です!

1巻である程度の信頼を得た周でしたが、

今回グッと近づいた気がします!!

スポンサーリンク

意外とすぐ手を出す周くん

女の子に興味ないといいつつ、

真昼をお姫様抱っこしたり、

手を握ったり、意外と手が早い(言い方)

頭撫では、

こやつ、やりやがった!

と思いましたw

妹がいるキャラとかならわかるんだけどさ、

同年代の女の子の頭撫でるって相当勇気いりますぞ。

周家族と顔合わせするまひるん

お正月は周の家に周父と母が訪問。

真昼は周母とは会ったことあるものの、

周父とはこれが初対面だったね。

周母のテンションは相変わらずで、台風のようw

あまり高校生の色恋沙汰にちょっかい出してほしくない私は、

正直苦手なキャラです。。。

普通に接してくれる分にはいいんだけど、

過剰に構われるのはちょっと、ね・・・。

周家族の来訪で、

真昼の晴れ着姿が見れたのはナイス!

バレンタインデー

2月と言えば、

学生にとって避けては通れないバレンタインデーイベント。

周はもらえなくても―と言ってたけど、

樹じゃなくても「そりゃもらえるでしょ」と思うよね。

周にはもうちょっとドキドキしてほしかったなw

いつまでもクールぶっていられるとおもうなよ?

真昼さん頼みます!

ホワイトデーのお返しでは、

ちゃんと店員さんの意見を聞いて選ぶところ真摯だよね。

真昼がブランコで泣いていた理由

真昼の母が登場したわけですが、

1巻で真昼がブランコで雨にうたれていた理由も判明。

一人暮らしというからには、

何か理由あるんだろうなあと邪推してましたが、

想像以上に家族仲が悪かったね。。。

悪いというか、

そもそも家族という関係にすらなっていないのよね。

こうなってくると真昼の家族よりも、

真昼のお世話をしてくれた人が気になってくる。

まだ連絡とっていたりするのかな。

真昼母と真昼が話している場面には、

周はたまたま居合わせたわけだけど、

ナイスタイミングだったね。

あそこで一人にしてたら、

しばらくひきこもってたんじゃないかな。

さらに信頼を深める周と真昼

後ろからだけど真昼から、

ハグされてしまうくらいには信頼を勝ち得た周くん。

よそ見しないという言葉の裏には、

女性関係という意が含まれていそうで、

嫉妬するまひるんを楽しみにしています!


以上、2巻の感想でした!

グッと仲を深めた2巻でしたが、

3巻では学校でも進展ありそうな雰囲気かな?

タイトルとURLをコピーしました