ラノベ読む時間ない人は電子書籍を要検討!

【ロシデレ】4.5巻の感想!まさに短編集。マサーチカの真相は未だわからず。

【ロシデレ】4.5巻の感想!まさに短編集。マサーチカの真相は未だわからず。

気になる終わり方をした第4巻

次の巻を待ち遠しにしていたら、
なんとなんと4.5巻とな。

引きが上手い作者だ!

4巻と4.5巻を両方読んで、
やっと夏休み編が終わるという感じかな!
(作者のあとがきにもあった通り、
夏休みが1巻で片付くわけがない!w)

これまでロシデレを読み続けていた人は
もちろん今回も読むと思うけど、
じゃあ読んでいなかったら、
今後の話がついていけなくなるかと言われると微妙なところ。

では、以下内容に触れつつ
感想書いていきますので、
ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

4.5巻のネタバレ感想

※一個一個話していくと長くなるので、
個人的に気になった話だけピックアップします!

2話:乃々亜事情

乃々亜に兄弟姉妹がいるというのは、
初情報じゃないかね。

随分な美男美女らしいが、
挿絵が無かったのが残念!

普段、沙也加と一緒にいることが多い
乃々亜の友人関係が見れた話ではあるんだけど、
これは後の伏線になっているんだろうか。

乃々亜の一面紹介にしては、
なんだか後味がよろしくないな、
と感じてしまったんですよねえ。。。

3話:アーリャ、綾乃の辛味への道

アーリャと綾乃が激辛ラーメンに挑戦し、
お約束とばかりに、アーリャが苦しむという話w

二人とも、
政近のために激辛に挑戦している
というのがうらやまけしからん!

アーリャはなぜこれで
恋と認めていないのかw

アーリャが涙目でラーメンに向かう挿絵
が4.5巻のイラストで一番好きでしたw

9話:またやってくる催眠ネタ

この催眠の話と、七不思議の話で、
本作が若干、現実離れした話になってきている感あるw

今回は主に政近が催眠にかかってしまい、
有希のおもちゃにされるという話でしたが、
アロマキャンドル強くない?200円でしょ?w

普段見れない政近の謎キャラ。
そんな政近にたじたじになる有希。
政近に口説き落とされる綾乃。

という、カオスな展開
他の話を読み終わった後も際立っているなとw

綾乃ちゃんの卵ネタも不意打ちだったわw
有希すらドン引きするこの性癖はどこから生まれたんだw

10話:マーシャのマサーチカ事情

内容としては、
マーシャとアーリャの水着選び回だったけど、
重要だったのが、冒頭部分

4巻ラストで、マーシャが
政近 = マサーチカ
といつ認識したのか問題が起きたんだけど、
合宿前にはまだ認識していないことが確定。

となると、確信したのはいつなんだろう…。
合宿前の電車内の恋バナ
かなぁ。具体的な内容が描写されていないから何とも言えんが。

とにかく、
真相は5巻にお預けってことだね。

4.5巻のラストの言葉

恒例のロシア語締め。

А ты попробуй!

(やってみて!)

…と、いうことです。

おら、キスしてみろよと挑発しているわけですねw

4.5巻を総じて

まず内容としては大満足です!

それで、あとがきが長ぇ!w

コミカル要素が多く、
いつも以上にスイスイ読み進められました!

これぞ、まさに短編集という感じ。

実は気になっていた
統也と茅咲の馴れ初めや、
久世家族が登場したりと、
普段登場しないキャラクターが出てきたのもナイス!

欲を言うなら、
もうちょっとマーシャについての話が欲しかった!
4巻の引き、そして今回表紙を飾っていたので、
過去回とかあるのかなぁなんて思ってたんだけど、
そういう重要な部分はさすがに本編でってことかな。


以上、4.5巻感想でした!

5巻は年内には出てくれるかな?