【チラムネ】『千歳くんはラムネ瓶のなか』5巻の感想!夏の終わり。夕湖がついに一歩踏み出す。

表紙のヒロインがメインのお話という暗黙の決まりみたいなものがあったので、

順番だと優空かな?って思ったけど、飛ばされて1巻で表紙を飾った夕湖がまさかの再抜擢。

2巻以降は確かに表紙が主役となる回でしたが、思え返せば1巻の主役は健太だしなあと納得。

ということで納得の夕湖回でした!

以下、ネタバレ注意です。

スポンサーリンク

THE高校生のイベント

まさに高校生らしいイベントで、みんなで夏合宿!

3年生も合同ということで明日風も登場という粋っぷり。

こういうイベントって先輩キャラはお留守番くらっちゃうけど、

合同にしてしまうとは考えましたねえ!

夕湖が朔に惚れたきっかけ

1巻から朔への好感度MAXで周りからは正妻とまで言われていた夕湖。

初めはあまり違和感を感じなかったものの、

悠月、明日風、陽と

朔とのストーリーを語られていくうちに

夕湖っていつから朔のこと好きになったんだろう?”と思わないはずもなく、

その話がついに来たという感じ。

1巻から引っ張られた割にそれほど大きなきっかけがあるわけではなかったみたい。

ただ、その特別じゃないというのが夕湖にとっては大きかったということか。

夕湖が一歩踏み出す

夕湖が表紙2回目ということで嫌な予感はしてましたよ、ええ。

読者にとっても、朔にとっても爆弾を投下してくれました。。。

朔ならそれっぽく切り抜けることもできたのかもしれないけど、

夕湖の本気にちゃんと向き合ったのはさすがと言わざるを得ない。

夕湖の本気は伝わると同時に、なぜあの場で伝えてしまったのかという疑問は残ります。

成功しないことも考えておきなよ、とまでは言わないけどもこの後どうやって収拾つけるんだ。。。

これが朔と夕湖の二人きりならまだしも、悠月や陽がいる場なのがもうダメよ。。。

チーム千歳が今後どうなっていくのか気になるけど、

それ以上に優空の話も広がっていきそうで期待大。


5巻の感想まとめ!

いろいろ心躍る巻でしたが、

やはり最後にガッツリ持っていかれました。。。

今回の巻がどうのこうのより、

次回どうなるの!!!という気持ちが抑えられないよ。

びっくりはしましたが、

この展開自体はいつかはやってくると思ってましたしね。

ただこのタイミングだとばかり思わず。。。

だってさ悠月とか陽とかの個別回が続くから、

その流れで夕湖と優空もやると思うじゃん!

だからその後だと思ってたのさ!!

みんなもそうだよね!?そうって言って!(錯乱)

というわけでヒロインの話が掘り下がる話だけで終わらず、

物語がグッと動くことになった5巻でした。

いろんな意味で裏ボス感あった優空ちゃんが

いよいよスポット当たりそうで次巻が楽しみなのと、

やはり人間関係ぐちゃぐちゃになったのでその怖さもあるね。。。

タイトルとURLをコピーしました