【義妹生活】4巻の感想。義兄妹という関係が二人を縛る。そして二人の関係に進展が!

MF文庫J 義妹生活

4巻の感想です!

作品情報

発行レーベル: MF文庫J

著者:三河ごーすと

イラストレーター:Hiten

<前回の感想記事>

前回の<3巻>では、
お互いが自分の感情に気づき、
意識したと同時に、
自分の気持ちをしまい込んでしまったんだよね。

元々人間関係が不器用というか、
ドライな二人なので、
そこに義兄妹という関係が、
またややこしくしてる感あるねぇ。

では以下で
4巻の内容に触れていきますので
ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

3者面談について

学生イベントの一つですね。
私は中学のときはありましたが、
高校のときは無かったような。。。

悠太沙季の保護者役として、
沙季ママが参加することになったわけだけど、
う~ん…違くない?
と思ってしまったのが正直な感想。

悠太沙季ママ
“母親として認めてくれていた”
というのは良かったんだけど、
これを表現したいがために
三者面談というイベントを使ったのかな?
って物語の構成が気になってしまったのよね。

事実として、
数か月しか生活を共にしていないわけで、
悠太には父親が参加しないと変じゃない?
と思ってしまいました。。。

相談相手となった新キャラ二人

悠太には予備校で出会った藤波夏帆

沙季には、読売先輩が通う大学の工藤教授

それぞれ人間関係について、
アドバイスしてくれたわけだね。

工藤教授のキャラが

個人的にツボw

二人とも一人でずっとグルグル考えて
しまって深みにハマってるので、
誰かに相談できたというのは、
いい機会だったんじゃないかな。

二人は再度すり合わせをする

ついに悠太から沙季への気持ちを告白!

…したわけだけど、
やっぱり行動が急すぎんか?(笑)

読者からすると、
二人がいろいろ考えた背景わかるんだけどさ、
その過程は話さずに、
結論だけぶつけちゃうから
感情がついていかないのよねえ…。

だから沙季も困惑から始まるわけよ。。。
(本当ならお互い両想いなのにさあ…)

結局二人は、
あくまで兄妹という関係の延長として、
仲を深めていくということになったわけ。

二人とも両親に迷惑をかけたくないという
気持ちが強いからこそなんだろうけど、
義理の兄妹という関係に
引っ張られすぎな感じが否めないかなあ。

今回、悠太と沙季パートが
交互に出ていたけど、
最後のシーンだけ無かったので、
沙季の内心については気になるかな!

4巻の感想まとめ

<二人の仲>も進展といっていいか微妙だけど、
前には進んでいるみたいだし、
まちがいなく話自体は進んでる。

それでいて、タイトルに相違なく
たしかに義妹といった関係が主題にもなっている。

だけど、
どうしても会って数か月の二人が
兄妹なら――という関係に
引っ張られている感が、
ちょっとくどく感じた巻でした。

次回は義兄妹という殻を
破ってくれることを期待かな!


以上、4巻の感想でした!

好きな作品だったからこそ、
少々辛めなレビューでしたが、
次巻はこれが布石になっていることを望んでおります!!

5巻の感想はコチラ!

タイトルとURLをコピーしました