ガガガ文庫『千歳くんはラムネ瓶のなか』2巻の感想!朔とどこか似ている悠月の悩み

表紙通り、今回は七瀬回!

以下、ネタバレ注意です。

スポンサーリンク

今回のテーマは

今回のお話は一言でまとめるのが難しい!

悠月の心情の変化。弱みの克服。

捻じ曲がった恋。

いろんな想いが重なり、そして一つ一つの些細な出来事が絡み合ってより複雑な物語と化していたなあとそんな印象を感じました。

物語を通して悠月が弱みを克服したことで、完璧超人の朔とのタッグプレイにも今後期待!

1巻では健太へのいびり、人間関係がテーマだったけど、

今回もまた人間関係の問題ぶっこんできたのは正直びっくり。

ラノベというよりかは青春ドラマ見ている気分。

今回の首謀者について

悠月へのストーカー疑惑から始まった嫌がらせなどの首謀者は

ミスリードがあったものの、すべての始まりが智也の仕業から始まったものでした。

正直あのタイミングでの新キャラ登場は怪しすぎたので、何かあるのだろうとは思っていたけどもw

健太の女装画像を手に入れてから、日が経っていたはずだけど

彼がその画像を使って何もしなかったのか気になりますねえ(ゲス顔

優空と夕湖のお叱り場面

今回なかなか無茶をし続けた朔に優空と夕湖が怒るシーンがありましたね。

夕湖はズバッと言うからまだなんとかって感じだけど、

普段大人しい優空ちゃんがニッコリ怒る姿がおそろしいんじゃあ。。。

にしても、二人は今回完全に裏方って感じだったのが残念。

優空は裏ボス感が漂ってきたぞ。

しれっとチーム千歳にいる健太

1巻でヒロインを演じきった健太ですが、今回もほかのキャラクター並みに登場。

レギュラーとは言わずとも準レギュラーくらいの立ち位置にはなっていそうで今後も登場してきそう。

1巻冒頭であれだけ悪態ついていた彼が、女装までこなす人物になると誰が予想できようか。

いじられ役に懲りずにぜひ次巻以降の活躍も期待しているぞ!

相変わらず完璧超人の朔

文字通り体を張る場面が多かったのでひやひやもしましたが、

もしかしてああいう場面は慣れてたり?

先輩を撃退する場面は絵で見たらこわそう。

アニメ化したらひっそり楽しみにしてますね。。。


以上、2巻の感想でした!

3巻はミステリアスガールな

明日風先輩のお話みたいなので楽しみです!

それではまた。

チラムネ感想記事

3巻の感想はコチラ

タイトルとURLをコピーしました